癌に効果を発揮するローヤルゼリー

癌に効果を発揮するローヤルゼリー

昔に比べると医学の進歩は目覚しいものがありますが、それでも癌は未だに不治の病というイメージが強いのは否めません。

ローヤルゼリーは様々な健康効果が期待できますが、病気を予防する効果も期待できます。
その中にがん予防やがん治療に役立つ効果も期待できる事がわかっています。
ローヤルゼリーには豊富な栄養素が自然な形でバランスよく含まれています。
ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、ローヤルゼリー特有成分のデセン酸は、病気予防にも効果が期待できます。

癌予防に効果が期待できるのは、必須アミノ酸とデセン酸です。
リジン、メチオニン、バリンはアミノ酸の一種ですが、リジンの免疫力を高める作用、メチオニンの肝臓をサポートする作用、バリンの体力回復効果は全て癌予防にも癌の治療にも役立つ効果です。

癌治療には抗がん剤や放射線が有効と言われていますが、癌細胞を退治するために健康な細胞をも破壊してしまいますし、副作用がかなり強く、体力や抵抗力を低下させてしまいます。
もちろんこれも癌治療には必要な工程ですが、ローヤルゼリーを取り入れる事で、自らの免疫力を高め、体力や内臓の働きをサポートする事ができれば、元々人の体にある自然治癒力を高める事ができます。
何よりもミツバチが作り出す自然由来の成分ですから、副作用のリスクがほとんどないのもメリットです。

実際にマウスの実験では、ローヤルゼリーを投与した事で癌細胞が小さくなっているのも確認されていますし、癌治療にローヤルゼリーを取り入れる事も少なくありません。

デセン酸はローヤルゼリー特有の成分で、ローヤルゼリー以外からは摂取出来ません。
抗癌作用やナチュラルキラー細胞を増やす働きがある事も確認されているので、癌予防に取り入れるのもおすすめです。
ただしローヤルゼリーは健康食品という扱いになるので、効果の実感は個人差があり、効き目が出るまでには時間がかかります。