ローヤルゼリーに含まれる成分とは

ローヤルゼリーに含まれる成分とは

ローヤルゼリーには40種類以上、中には100種類以上の栄養素が含まれていると言われています。

働き蜂たちが女王蜂のために、巣の周辺にある花の花粉や蜜を食べ、それを体内で分解合成した分泌物がローヤルゼリーになります。
この時40種類以上もの豊富な栄養素が含まれた特別食になっています。
どんな栄養素が含まれているのか詳しく見ていきましょう。

15種類のアミノ酸、9種類の必須アミノ酸、4種類の糖質、11種類のビタミン、8種類のミネラル、その他のローヤルゼリー特有成分という構成になっています。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸は人の体内で合成できないものですから、ローヤルゼリーを取り入れるだけで、必要な栄養素のほとんどを補えます。

これらの豊富な栄養素は、糖尿病予防、がん予防、高血圧予防、動脈硬化予防、心臓疾患予防、更年期障害の症状の緩和、アンチエイジング効果、免疫力を高める、冷え性解消、自律神経を整える、精神を落ち着かせるなどの効果も期待できます。
自然界ではここまで豊富な栄養素をバランスよく含むものは、ほとんど存在しないと言われていますが、ローヤルゼリーなら様々な健康効果や病気予防効果が期待できるのです。

特にデセン酸はローヤルゼリーにしか含まれていない成分で、他のものからは摂取出来ません。
デセン酸は脂肪酸の一種ですが、更年期障害の症状を緩和する作用があるため、女性におすすめの成分です。
また皮脂の分泌量をコントロールする働きもあるので、美肌効果や育毛効果なども期待できます。
更年期にはホルモンバランスの乱れから、肌荒れや抜け毛という症状も現れますから、こういう時もローヤルゼリーがあると心強いです。

ローヤルゼリーにはいくつかの産地がありますが、産地が違っても栄養価はそれほど変わりません。
ローヤルゼリーの質を見極めるには、デセン酸の含有量が決め手となります。
良いローヤルゼリーを探したい時は、デセン酸の含有量が多いほど良い物となります。
また、ローヤルゼリーの体験談も参考にしてみてはいかがでしょうか。